双極性障害で障害基礎年金2級に認定されたケース

相談者:男性(20代)、無職

傷病名:双極性障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金額:約78万円

相談時の相談者様の状況

他人とのコミュニケーションが苦手との事で、依頼者様のご友人の方からメールでご相談頂きました。

発病は中学生の頃、人間関係が上手くいかなかったことが原因でリストカットを始めたそうです。

高校に進学後も抑うつ状態、自傷行為が続いたため、精神科を受診、「双極性障害」と診断されました。

通院治療で一旦症状は軽快しましたが、就職後、人間関係が上手く築けず、自殺未遂を繰り返すようになりました。

退職し、自宅療後に再就職したものの、人間関係が上手くいかなく退職、以後、自宅で引き籠った生活を送っていらっしゃるとの事でした。

相談から請求までのサポート

大宮の事務所の相談会にご友人と一緒にお越しくださいました。

発病から現在までの経緯、日常生活状況等については事前にPCメールで送って頂き、面談は短時間で済ませられるよう、不足部分についてヒアリングしていきました。

その後はメールでのやり取りを中心に進めていきました。

診断書を依頼する際は、ヒアリングしたご相談者様の日常生活状況等の参考資料を主治医の先生にお渡し、実態に即した診断書を作成していただくことができました。

請求の際は、診断書と共に、日常生活状況等をまとめたものを別添資料として作成し提出しました。

結果

無事、障害基礎年金2級の受給が認められました。

今まで、収入がない事で家族に迷惑を掛け心苦しかったが、これで安心して療養できると喜んで下さいました。

その他の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど