障害年金の基礎知識

★img-96障害年金とは、病気やケガなどで、日常生活に支障があったり、今まで通りに働くことが難しくなった場合などに、一定の条件を満たしていればもらうことができる公的な制度です。視覚・聴覚・手足の不自由だけでなく、がんや高血圧、糖尿病による合併症や心疾患、うつや統合失調症などの精神疾患など、数多くの病気やケガが対象とされています。

しかし障害年金は、書類の書き方一つで障害の等級が下がったり、支給してもらえなかったりすることも多くあります。行政の決定に不満がある場合は不服を申し立てることもできますが、一度出されてしまった決定を覆すには、行政機関に自分たちの判断が間違っていたと認めさせることが必要となりますので、非常に困難です。

当事務所では、初めから最善の対応を行えるようにするためのサポートさせて頂いております。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

こんなお悩みありませんか?

病気になって働けないけど、お金がないから生活していけない・・・」

障害がある人がもらえるお金があるって聞いたけど、詳しくはわからない・・・」

生活保護を受け取っているから、障害年金はもらえないんじゃ・・」

自分で申請したら不支給になってしまった・・・病気なのにどうして受け取れないの?」

というお声をたくさん聞きます。

 

日本には障害年金という制度があります。

これまで障害年金の申請のお手伝いをしてきましたが、障害年金という制度が知られていないばかりに、本来受け取れる方が受け取れていないということを痛感しました。

障害年金の対象は障害を持っている方だけではありません。ガン、脳梗塞、透析、そしてうつ病なども該当します。

 

 

おしえて!障害年金

Q.どんな人が障害年金をもらえるの?

hoken_sensei_chiryou障害年金を受給するには3つの条件があります。

1・・・医師や歯科医師に診察してもらっていること

2・・・保険料納付期間に3分の2以上収めていること

3・・・障害認定日に一定以上の障害状態にあるかどうか

こちらの3つの条件があります。

くわしくはコチラをご覧ください。

 

Q.いくら障害年金がもらえるの?

02人によって貰える金額が異なります。

1・・・・納入している年金

2・・・・子供がいるか、いないか

人によって異なりますので一概に○円もらえるということは断言できません。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

Q.どうやって申請するの?

soudan_setsumei_businessご自身で申請する場合と専門家に依頼する2種類がございます。

実際に必要な書類をご紹介いたします。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

そのほかの障害年金の基礎知識は下記メニューよりご覧ください

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど