網膜色素変性症で障害厚生年金2級に認められたケース

相談者:女性(30代)、主婦

傷病名:網膜色素変性症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金額:約180万円(配偶者、子の加算あり)

 

相談時の相談者様の状況

ご相談者様より、メールで無料相談の申し込みを頂きました。

10年以上前、暗いところでの見え方が悪くなったため、
心配になり眼科を受診したところ、網膜色素変性症と診断されました。

日常生活に問題がなかったことと、引越しや子育ての忙しさから、
その後は病院を受診することはなかったそうですが、ここ数年、
他人とよくぶつかるようになったり、外の光が眩しくなったりと、
日常生活にもかなり支障が出始めたため、定期的に通院されていらっしゃいます。

障害者手帳は、2年前に病院の勧めで取得されましたが、
障害年金の受給対象になるということは、知人に教えてもらうまで知らなかったとのことでした。

最初はご自身で申請できると思い、年金事務所に相談に行かれましたが、
いざ進めてみると、初診日が証明できない、診断書はどこの病院にお願いするのか分からない、
病歴・就労状況等申立書の記入方法が分からないとのことで、一時は諦めようと思ったそうです。

たまたま、ネットで社会保険労務士のことを知り、当センターにご依頼頂きました。

相談から請求までのサポート

詳細をお伺いしたところ、初診日が10年以上前でしたので、初診病院のカルテが廃棄されていました。

次の病院も5年以上受診していなかったので、カルテが残っているかどうか心配でしたが、
カルテと前医からの紹介状が残っており、何とか初診日の証明をして頂くことができました。

最近の検査結果を確認したところ、視野障害2級に該当する可能性が高いと判断し、
現在の主治医に診断書を依頼しました。

病歴・就労状況等申立書の記載がご負担とのことでしたので、今までの経緯、
日常生活で不自由に感じていることをヒアリングし、資料を全て作成し、
診断書と一緒に申請いたしました。

結果

無事、障害厚生年金2級の受給が認められました。

網膜色素変性症は病気の進行がゆっくりですので、日常生活に影響が出始めて障害年金の申請を
考えたときには、初診から何年も経過しており、初診日が証明できないことが多いです。

カルテは、受診終了後、5年経過したカルテは保存義務がないため、廃棄されてしまう可能性が
高いです。カルテがない場合でも、医証以外で証拠を探し出す方法はあります。

初診の病院でカルテが残っていない場合でも、諦めずに専門家にご相談ください。

banner03

網膜色素変性症・緑内症・難聴の最新記事

視覚・難聴障害の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど