Ⅱ型双極性障害で障害厚生年金3級に認定されたケース

相談者:男性(40代)、無職
傷病名:Ⅱ型双極性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年金額:約58万円

相談時の相談者様の状況

ご相談様の奥様からお電話でご相談がありました。精神科に8年前から通院していらっしゃいます。現在は仕事を退職し、生活のためにとアルバイトを何度かされていらっしゃいますが、体調悪化のため続かない状況との事です。

なかなかご自身の病気の事を受け入れることが出来ず、主治医の先生には本当の症状を伝える事ができないようでした。

お子様も小さく、経済的にもこのまま就労できない状況が続くのは不安なので、何とか障害年金を受給することができないだろうかということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

面談は、ご自宅の近くまで伺って、奥様とご相談者様と一緒におこないました。

初診から現在までの病状、日常生活状況をヒアリングしたところ、現在掛かっている病院が初診病院でしたので、直ぐに日常生活状況等の資料をまとめ診断書を依頼いたしました。

結果

無事、障害厚生年金3級の受給が認められました。

無事に障害年金が受給でき、良かったと喜んでいらっしゃいました。現在は、障害者枠での就労も決まり、体調も比較的安定しているとの事でした。特に、ご依頼者様に病識がない場合は、ヒアリングをしても日常生活状況は全て問題なくできるということになってしまいますが、ご自身では気が付かない場合もあります。

そのような場合は、身近で生活されているご家族にお話を伺い、日常生活の困難さをしっかりと申し立てていくことが重要です。

banner03

その他の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど