網膜色素変性症で障害基礎年金2級に認められたケース

相談者:男性(50代)、自営業

傷病名:網膜色素変性症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2

年金額:約78万円

相談時の相談者様の状況

ご相談者様より、お電話で無料相談の申し込みを頂きました。

発病は、10年以上前、目の疲れからか手元の文字がにじむようになり、乱視が強くなったと思い、眼鏡を作るために眼科を受診されました。
そこで初めて「網膜色素変性症」と診断され、初めて視野が狭い事に気づいたそうです。

日常生活は差ほど不自由ではなかったので、人混みでは気を付けるようにしていましたが、その後受診はしていませんでした。

たまたま別の病気で入院した際、眼科での検査を勧められ検査したところ、障害者手帳2級相当まで病気が進行していることが分かりました。

障害者手帳の事をネットで調べていると障害年金という制度があることを知り、当センターに相談となりました。

相談から請求までのサポート

面談は、大宮の事務所で奥様と一緒に行いました。

発病が10年以上前でしたので、まずは初診から今までの経緯を思い出して頂くところから始めました。

初診の病院が10年以上前でしたので、カルテが廃棄されている可能性がありましたが、幸いなことにカルテが保存されていました。

最近の検査結果を確認したところ、視野障害2級に該当する可能性が高いと判断し、現在の主治医の先生に診断書の作成を依頼しました。

字を書く時は拡大して見なければ難しいとの事でしたので、今までの経緯、日常生活で不自由に感じていることをヒアリングした資料を作成し、診断書と一緒に請求しました。

結果

無事、障害基礎年金2級の受給が認められました。

自営で仕事を行っていらっしゃいますが、最近は仕事にも支障が出てきていらっしゃるとの事でした。

障害年金の受給が決まって、経済的な不安が減ったと喜んで下さいました。

網膜色素変性症・緑内症・難聴の最新記事

視覚・難聴障害の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど