直腸癌で、障害厚生年金3級に認定されたケース

相談者:男性(40代)、会社員monshin_doctor_serious

傷病名:直腸癌

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約130万円

 

相談時の相談者様の状況

近所の内科で大腸癌の可能性があるとの診断を受け、その後、病院での検査の結果、直腸癌と診断されました。

ご相談にいらっしゃった時は、人工肛門造設の手術直後で、抗がん剤治療を開始されたばかりでしたので、副作用もあり、大変お辛いご様子でした。

 

相談から請求までのサポート

人工肛門を造設した場合の障害認定日は、「人工肛門を造設し又は尿路変更術を施した場合はそれらを行った日から起算して6月を経過した日(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)とする」と障害認定を行なう時期を見直したばかりでしたので、障害年金請求まで6ヶ月近く待たなければいけませんでした

仕事復帰が出来ない状態で、経済的にも困っていらっしゃいましたので、先に健保からの傷病手当金を受給するようアドバイスしました。

障害年金を請求する頃には職場復帰もされましたので、6ヶ月後、医師に診断書を作成して頂き、請求しました。

 

結果

無事、障害厚生年金3級の受給が認められました。

人工肛門造設の方の場合、障害者手帳の障害等級は4級のため、障害年金は対象外だと誤解される方も多くいらっしゃるようですが、厚生年金に加入中に初診日のある方は、障害厚生年金3級に該当します。

障害者手帳の等級と障害年金の等級は同じではありませんので、先ずは専門家にご相談ください。

がん・心疾患等の最新記事

その他の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど