若年性アルツハイマー病で障害基礎年金2級に認定され、2年遡及が認められたケース

相談者:女性(50代)、無職
傷病名: 若年性アルツハイマー病

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約78万円

2年遡及額:約156万円

相談時の相談者様の状況

ご相談者様の御主人様から、最初にお電話でご相談がありました。

御主人様ご自身で申請をされようと思い年金事務所に相談に行かれたとのことでしたが、仕事をしながら提出資料を作成し、何度か年金事務所に足を運ぶのは無理だと判断し、当センターにご依頼頂きました。

ご相談者様は、認知症が進み、日常生活で起こったことを記憶する能力も失い、食欲のコントロールも出来ない状況とのことでした。

相談から請求までのサポート

まず、御主人様から、奥様の日常生活状況を初診から現在に至るまで詳しくヒアリングいたしました。

その結果、初診日から1年半後の認定日頃の状況も2級に該当する病状でしたので、主治医の先生に、診断書を作成いただくための参考資料として、障害認定日当時と現在のものと2種類作成し、診断書を依頼しました。

出来上がった診断書に不備があり、何度かやり取りをさせて頂きましたが、最終的には症状に見合った診断書を作成して頂くことができました。

申請の際、診断書と一緒に、御主人様からヒアリングした日常生活状況の大変さを盛り込んだ「病歴・就労状況等申立書」を提出いたしました。

結果

無事、障害基礎年金2級の受給が認められ、2年遡及も認められました。

経済的に不安だったが、障害年金が認められて良かったと喜んで頂きました。

今後、御主人様は会社を退職し、奥様の介護に専念されるとのことでした。

現状に見合った診断書と病歴・就労状況等申立書を作成するためにも経験豊富な専門家に相談されることをお勧めします。

banner03

脳出血・高次脳機能障害・若年性認知症・脳性麻痺等の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-877-6206
安心の無料出張 怪我や病気等で外出できないあなたへ!障害年金の専門家があなたのお宅の近くに伺います。無料訪問サービス実施中!ご家族の方もお気軽に同席下さい。
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるか・申請の方法やポイントなど